TOPICS

2015年秋冬、メンズレザーグローブのおすすめ製品のご紹介。

2015.10.2 update

 

こんにちは
広報の羽田です。

 

この秋冬、メンズレザー手袋で、一番おすすめしたい製品をご紹介します。

 

557AG515台帳用

 

フランスシープレザー
フルピケ縫いグローブ
¥37,800(税込)
BLACK / CHOCO
SIZE:23㎝ 24㎝

 

 

今季ALTA CLASSEの製品で、初めて使われるフランス産の皮革となります。
この染工業者=タナリーの染色技術の秘密を、紹介したいと思います。

 
「ALRIC」
フランスを代表するメゾンのエルメス社、シャネル社へ供給されている羊革。
この類まれなる古来の技術は、100%石灰石を用いる原皮脱毛です。

 

ALRIC写真1
 

原皮状態の皮への最初のケアーは、脱毛処理です。
この作業は重要であり、間違いの許されないものです。
ALRIC社は、その顧客としてフランスを代表するメゾンの、現在ではこの作業を外注ではなく、自社内で行う唯一のファクトリーです。
更に付け加えるならば、ALRIC社はこのミヨー(Millau)の手袋産業で育まれた、古来の技術を伝承し続けています。

手間のかかる、作業を施した革が、まさにグローブメーカーの望む
「より柔らかでありながら、コシのある状態」を実現できます。

 

 

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

 

この脱毛ケアーこそが、原皮へのそのあとの染色プロセスに大きな利点を加えます。
皮下組織深層部の細胞のつながりを解き放つことで、染料はより深みを持ち、皮下組織に均一に広がるのです。
この古い『技術』は現在もつづけられております。
グローブの製作にもっとも重要な要素といえる素材。
私たちがフランスで一目惚れをしたタナリー、それが「ALRIC社」です。
彼らが創り出した、最高の羊革を素材とするアルタクラッセの手袋を、ぜひ
ご覧くださいませ。

 

入荷予定は11月20日頃を予定しております。